loop
|


| ストレスの原因 ■■■■■
殆どのストレスは、自分と他人を比べるところからはじまります
自分が考えているように、相手も考えてると思い込みがちです
みんなのため(人のため)に努力してるのに喜んでくれない
             一生懸命やってるのに認めてくれない
             きちんと話をしてるのに解ってくれない
                     『 〜のに 』これがストレスの最大の原因です

自分と人との違いとストレス
○性別・・・男か女か
○国籍・・・日本人かアメリカ人
○血液型・・A・B・AB・O
○身長・体格・・・高い・低い/太っている・痩せている
○服装・・・・シンプル・ゴージャス
★性格・考え方・・・←この部分が一番大きなストレスを生じます。
もし人間関係からくるストレスが少しでもなくなった としたら、あなたは・・・どれだけ今の気持ちが楽になりますか?
そのためには、「相手の性格・考え方」を真剣に勉強しないと一生ストレスから解放されることはありません、
このことは、決して過言ではありません。

| 動物と人間のストレスの違い ■■■■■

人間も視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚など五感で判断しています。
しかし「性格や考え方」の違いという分野は、五感での判断材料が全くないのです。
動物がストレスになる場合は人間によって飼われた場合以外あまり報じられてはいません。

<人間の五感とほかの生物との違いは>
視覚:哺乳類としては例外的に優れている部類です。哺乳類は、視覚が弱く、色を分別する能力も低いのが普通です。
人間の場合、色を識別する能力が高いのに加え、両目が正面を向いていて立体視ができ、対象物までの距離を測る能力があるのも強みです。
ただし、肉食動物と比べ、動体視力は劣ります。
それから、猛禽類のような驚異的な遠視力はありません。
嗅覚:哺乳類としては劣る部類に入ります、一般の地上生脊椎動物としては、まあ、かなりのものでしょう。

聴覚:哺乳類としては劣る部類に入ります、哺乳類の聴覚は、他の陸上生脊椎動物と比べ、圧倒的に強力ですから、人間の耳は、特に弱いものではありません。
爬虫類と哺乳類の進化上の区切りのラインは、内耳の構造が3つの骨で音を増幅できるようになった時点に引くことが多いです。
また、哺乳類は大きな外耳をもっていて音を収集しやすい構造になっていますが、人間の外耳は、他の多くの哺乳類のものと違い、自分の意志で動かすことが出来ませんから、音源の方向を特定する能力が哺乳類としては弱い部類に入ります。

味覚:味覚はよく分かりません、敏感な部類かと思います。犬、猫は、ほとんど味わって食べているのか、分からないくらいです。ちなみに、鳥は唐辛子を平気でたべます。鳥は唐辛子の辛さを感じないらしいのです。鳥の場合、哺乳類と違って歯ですりつぶすという動作が無い。
ただ、日常生活でいう「味覚」は厳密な味覚だけではなく、嗅覚に多いに左右されます。

触覚:毛・羽・鱗のように、体を覆うものがなく、直接、肌を露出していますので、敏感な部類ではないでしょうか。

| 宇宙の法則 ■■■■■
銀河系にある太陽系内の惑星や月・地球・人類・自分の相関関係、この関係は切っても切れないものです。
私たちの地球は秒速30万kmで、目には見えない、太陽系の軌道のレール上を規則的に運行しています。
私たちは、その運航リズムの中で生きています。そのリズムの中であなたが生まれ、私も生まれました。軌道上の1つのポイントそれが誕生日

| 病気の多くはストレスが原因
そのストレスの大半は人間関係!?
でも、人は一人で生きていけません。好むと好まざるとに関わらず自分以外の人と関係を持たざるをえません。
辛いこと・・・ 会いたい人に会えないこと
もっと辛いこと・・・ 会いたくない人に会ってること
しかし・・・
親兄弟や親戚、会社の上司部下や得意先に会わないわけにはいきません。
ところで、
世の中すべての人たちは、皆仲良く、もめごとなんか縁のない世界で生きていきたい、お互いに理解し合い助け合って生きていければと思っているのではないでしょうか?
それなのになぜ? 人間関係のゴタゴタ、ケンカ、いじめとか、人間不信などさまざまなな問題はなぜ起きるのでしょう?
自分と、自分以外の人の考え方は違うからです。
たとえ親子であっても!
昔のように情報が少ない時代は与えられる環境で認めることができました。
しかし情報化社会になり様々な情報に接することで相手と自分の考え方のずれを感じることが多くなってきました。
考え方が違うのは何となく解るような気がする!
なぜ、どうして違うのか、どのように違うのかは解らない。
もし、全ての人が 「自分の言ってること、考えていることは正しい」 と思っているとしたら‥‥
正しい答えは人の数だけある! からです。
その考え方がどのように違い、その違いがどこから起きるのか明確にとらえることができますか?

|
−
↑PageTop