loop
|


| 基本篇 ループ理論の分類 ■■■■■
携帯電話やパソコンの普及率の急速な上昇からもわかるように通信手段が増加し、人間関係の中でコミュニケーションをとらなければならない場面がますます増えています。それにもかかわらず、「相手の考えている事がよくわからない!」という現象はなかなか改善されません。 それどころかコミュニケーションの機会が増えるにつれて、「ミスコミュニケーション」も増加しているのではないでしょうか。「相手の考えている事がわからない」「自分の事をもっと理解して欲しい」など、ストレスがたまる要素がどんどん増え、その事が原因で「心の病が社会問題化」しているように、現代ほど「コミュニケーションの能力の向上」 が求められている時代はありません。 人間行動科学の幅広い学習の中で、心と身体の健康を得るために下記の内容を学びます。コミュニケーション能力の向上(3グループ)の必要性と方法について コミュニケーションメカニズムを解析した「フラワー12タイプ」の理論体系は、非常に奥深いものですが、この入門編ではフラワー12タイプの基礎理論である「3グループ」を手軽に学ぶことができ、すぐに活用できるようになっています。  3グループからわかる特徴をよく理解することで、お互いのストレスを軽減したり、「コミュニケーションギャップ」を埋めることができます。 この「3グループ」を学ぶことで、自分自身の全てがわかるわけではありません。そして相手の全てがわかるわけでもありません。そこで個性教育の大切さや可能性を感じていただきたいと思います。


| ループ理論「入門編」3グループ ■■■■■








皆と仲良く、人格者を
目指すためにがんばる。

一国一城の主、
自分の世界を築くために
がんばる。

いつも元気で光り輝く
成功者になるために
がんばる。


| ループ理論「応用編」 ■■■■■

私たちは、常に誰かとコミュニケーションをとりながら生活していますが、相手と自分の価値観や行動パターンが違った時の状況を、どのように思ってきたでしょう?「自分とは違ってよく理解できない」という感情が一般的ですが、人間の「コミュニケーションギャップ」を埋めるヒントが実はここにあります。
自分と相手の価値観や行動パターンを比べてみて、どこが同じで(共通点)どこがどのように違うのか(相違点)を明確に理解することができれば、 相手が考えていること・行動していることの意味が良くわかるようになります。
また、自分の気持ちを伝えるために、自分の伝えたい方法ではなくて、相手が理解しやすい方法で伝えることができるように学ぶのが、 入門編よりさらに奥の深い意識の勉強・フラワー12タイプの勉強です。


|
−
↑PageTop