酢とビタミンC 豆知識

 酢やビタミンCが体にいいということはあまりにも有名で、今さら力説するまでもないかもしれません。
 酢には、疲労の原因となる乳酸を分解する機能があることが知られています。また、体液をアルカリ性に保つことにより、動脈硬化の一因である珪酸の蓄積を阻止することも分かっています。さらには、肌の老化やシミ、しわ、たるみの原因となる過酸化脂質を減少させる働きもあります。
 一方、ビタミンCは、欠乏すると様々なウイルスに感染しやすくなると言われています。白内障、ガン、風邪などの予防によいとされ、また、肌の若々しさを保つためにも重要だとされています。
 ほとんどの生物は、グルコースという糖質からビタミンCを自らの体内で生成する能力を持っていますが、人間にはその能力がありません。したがって、人間はビタミンCを食物から摂取しなければなりません。

アセロラ黒酢は他の酢とどう違うのか?

 精白していない米が「玄米」で、ミネラル分が豊富な胚芽が除去されていないため、栄養豊富なことはよく知られています。
 同様に、精白していない麦のことを「玄麦」と言います。
 アセロラ黒酢は、精白していない大麦を原料とした「純粋玄麦黒酢」です。
 
純粋玄麦黒酢
穀物酢
米酢




mg/
100ml
カルシウム 23.7 2.0 2.0
マグネシウム 49.1    
カリウム 138.9 8.0 6.0
アミノ酸 mg/100ml
(必須アミノ酸)
358.1
(111.1)
53.7
(20.7)
73.5
(28.0)

 右の表は、純粋玄麦黒酢と他の食酢とのミネラル・アミノ酸含有量の比較表です。穀物酢に比べて、カリウムは約17倍、カルシウムは約12倍です(ミネラル成分の数値は、「四訂日本食品標準成分表」より引用)。また、体内では合成できない必須アミノ酸も豊富に含まれています。
 また、アセロラ黒酢にはビタミンCの宝庫と呼ばれているアセロラ果実も含まれています。そのため、アセロラ黒酢スプーン1杯に含まれるビタミンCは、レモン4個分に相当します。レモン4個を食べるなど、普通にはとてもできませんが、アセロラ黒酢なら、ごく少量で同量のビタミンCが摂取できるわけです。

ツイート
HOME